クレンジングクリームよりもマナラホットクレンジングゲルのほうがよかった

クレンジングクリームでも、花王のピンクの小さいのみたいに、数滴しか使わなくていいものと(コンビニによく売られている)、オイルタイプでたっぷり出して使うものと、色もボトルの大きさも、使う量も、どこもみんな違いますよね?

紫色の大きいボトルがあると思えば、黄色い茶色いのもあるし、真っ白いクリームみたいなクレンジングクリームもあるし、透明なのもあります。
資生堂とかサンスターのエクイタンスなどは、白か、透明なクレンジングです。

資生堂の場合は、あんまりクレンジングクリームには、着色はしないみたいです。
茶色い飴色のは、オイルの自然の色だから、あんまり気にしなくてもいいと思います。

結局はマナラホットクレンジングゲルが、クレンジングの中で1番でした。

ただ、別の色が付いているのもあって、ああいうのって、やっぱり、不必要な成分を少し入れてるのかな?って思ったり…
若いときには皮膚に沈着しないからいいけど、年を取ると、細胞の活性化が弱すぎて、いつまでも交換ができず、そういう頃には、自然の物でないと、買う気がしなくなるのはわかってほしいです。

朝、顔の線がついたのとか、シワもなかなかとれてくれないから、もう、弾力もないんだ…と、ガックリ来ています。

あんまり、クレンジングクリームにまで、かわいらしさとか、派手さは求めてないんですよね。
少しでも、作れなくなった顔の成分を補えるような物を買いたくて、みんなも探してるんだと思います。

最近では、いい菌を利用したクレンジングとかがやっぱり、お肌には一番!ということで静かではありますが、売上を伸ばしている様子。

麹を使ったものとか、微生物を使ったものとか、以前、お茶石鹸もすごくブームになりましたが、あれで、クレンジング機能を兼ね備えた物があれば、お茶のクレンジングクリームも結構売れたんじゃないか、と思いますけど…

自然の物を使いたい!という、女性の気持ちは、妊婦さんなどでも、妊娠中、いっさいお化粧したらいけないのを見てもわかるように、男性が思うより、医学的にあんまり良くないわけです。

男性には何でもないことなのですが、こういう事からも、お化粧したり、クレンジングクリームはとてもきついんだという事がわかります。

マナラホットクレンジングゲル | おすすめクレンジング

私が毛穴の黒ずみに悩んだのは中学生くらいから、洗顔方法で治った。

毛穴の黒ずみに悩み始めたのは中学生くらいから。やっぱり気になりますよね、中学生なんて化粧もしてないから、隠せなくて本当恥ずかしくて。
色んな方法を試してきたけれど、今は気にならなくなってきたかな。まぁ定期的にケアはもちろんしてます。

私が実践しているのは、ひとつはクレンジングオイルでマッサージする。因みにメイク落とす目的ついでは駄目。メイクの汚れが毛穴に入ってしまうから、すっぴんで毛穴の汚れの気になる所をしっかりマッサージして落とすだけ。
これを定期的にするだけでかなり違います。
もうひとつは温感洗顔ジェルがいい!
暖めて開いた毛穴の汚れをしっかり除去してくれる。終わった時に格段に違いがわかって楽しいよ。
ただこの2つはやりすぎ注意ね!気になるのもわかるけど、毎日毎日やってたら、今度は乾燥してむしろ黒ずみが酷くなってしまう悪循環に陥るから、辛いけど長い目で!

あとは落とすのに必死になりがちだけど、日ごろのケアも大事。やっぱり乾燥してしまうと汚れを吸収してしまうから、保湿もしっかり行うのが大事。
脂っぽくなると取ることに必死になってしまうけど、意外と乾燥してて脂を出して保とうとしてしまう人も多いんだって!
だから保湿に過ぎることはないから、しっかりとね。
そして乳液とか美容液がベタついて苦手だからしない、って人がいるけど良くありません。
化粧水は吸収するけど蒸発もしちゃうから、乳液や美容液でしっかり蓋をしてあげるのが大事だから忘れずにしよう!
毎日気を遣うのは大変だけど、定期的にしっかりケアするだけでかなり変わるから、物は試しでやってみてね。

毛穴洗顔 | マナラモイストウォッシュゲル